サンライズキッズの育脳教育の取り組み|サンライズ育脳教育.com

サンライズ育脳教育.com
  1. サンライズキッズへの
    お問い合わせはこちらから
  2. 050- 5804- 0320050- 5804- 0320 受付時間(平日10:00~17:00)
サンライズキッズの育脳教育

サンライズキッズの育脳教育の取り組み

脳の臨界期(感受性期)

生まれたばかりの赤ちゃんは、生存のための最低限の機能を持って生まれてきますが、自分で立ち上がることも、話すこともできません。しかし、周りの大人と接することで、寝返りができるようになり、ハイハイができ、そして歩けるようになっていきます。
どうしてこのようなことができるようになるかと言うと、神経同士の繋がり(シナプス)の発達がそのような成長を可能にしているのです。シナプスとは、分業している脳同士をスムーズに接続するためのパイプ役のような存在です。
生まれた赤ちゃんの脳には、大人以上の神経細胞が備わっていますが、その細胞はどこにもつながっていません。しかし、産まれてからの環境から、様々な刺激を受けることで、この神経細胞同士が繋がりを持ち始め、細胞が回路となり、今までできなかった様々なことができるようになるのです。
そして、このシナプスは個別差もありますが、生後すぐから増え始め、8ヶ月目で人生最大のピークになります。そして、活動している良質なシナプスは残り、古く、使われないシナプスは消えていきます。活動的なシナプスが多いほど、できることの選択肢も増えます。シナプスの発達が目覚ましい3歳くらいまでは、視覚・聴覚・運動能力など、あらゆる能力を獲得するための感受性が増している時期であり、この時期でなければ二度と取得できないと言われる能力もあります。この時期の大人の接し方がその後の子どもの集中力や積極性に影響するといわれているのは、このためです。
このシナプスの発達が目覚ましい時期のことを、「臨界期」もしくは「感受性期」と呼んでいます。

脳の臨界期(感受性期)

成長の段階に合わせた働きかけ

脳の成長には順番があり、0~3歳の間は脳が情報をそのまま直観的にインプット(記憶)する機能が活性化している期間です。3歳以降になるとインプットからアウトプット(思考)への移行期間となり、6才よりこれまでの学習を土台として論理的な思考ができるようになるという順序があります。

3歳までに右脳を鍛える必要性

インプット活性化の時期を過ぎ、アウトプット発達期へ移行してからでは、獲得できなくなる能力が多々あるため、適切な時期に最適な刺激を与えてあげることがとても重要なのです。このように全ては対応するべき時期と順序があり、今のお子様がどの段階にいるのかということを踏まえ、適期教育を行うことが最も重要だと考えています。

サンライズキッズの育脳教育の取り組み

脳科学と保育の関連付け当園の育脳教育では、こどもの「集中力・直観力・記憶力・想像力」の4つの力の基礎を身につけることができます。
これらの力は、今後子どもたちに求められるとされる「生きる力」のスキルとなる「アクティブラーニング」の基礎となるものです。
「アクティブラーニング」とは、「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称」としており、要するに教えられることに受け身なのではなく、自ら主体となって課題を見つけて学んでいく学習のことです。
この「アクティブラーニング」に求められる、自分で課題を見つけ、解決する力は、幼児期にどれだけ基礎力を積んだかによって、学童期に入って大きな差が出るとされています。

集中力
集中力は物ごとを学ぶ上で必要不可欠な能力ですが、大人でも持続させることが難しい能力です。
サンライズではドッツカードなどを用い、短い時間で全体を把握して数を認識する力を鍛えることで、計算力と集中力を同時に身につくようにしています。
小さいころからの働きかけにより、集中することを身に付けることができれば、これから成長し学習する際の大きな強みとなります。
直観力・ひらめき力
直観力を「第六感」のように外部からもたらされるもののように考える方もいらっしゃいますが、直観力はあくまでも蓄積された経験から導き出されるものです。つまりどれほど右脳を働かせ、瞬時に判断を下してきたかという経験です。
サンライズではパズルゲームなどの教材を使用し、楽しみながらゲーム感覚で右脳の直観力を鍛えます。
記憶力
フラッシュカードを使用し、絵や文字の描かれたカードを大量に高速で見せることで、瞬時に理解する右脳の働きを活性化させます。
右脳の無意識に処理する能力により、見たものをそのまま瞬時に理解、記憶することができるようになります。
想像力
創造する力は何かを生み出すだけでなく、人間関係を構築する際などあらゆるシーンで求められることが多い能力です。
イメージトレーニングで「イメージしたことが現実になる」という体験を繰り返すことで、自らの自信を深め、成功できる自分を想像し、それを現実にすることができるようになります。